事業概要

 株式会社河内は、創業よりパッケージ設計・印刷からアッセンブルまでの一貫した「パッケージ制作」を印刷ソリューションとして提供しています。
 また、最先端の印刷技術であるUV印刷システムを導入し、「高品質」「低価格」でサービスを提供することを実現。長年にわたって築きあげたノウハウで、お客様との念入りな打ち合わせを経て、最適なパッケージ提案をさせていただきます。


  1. 1. 印刷から糊貼りまで、自社一貫生産
    • 通常の場合クリアパッケージを作るのに、複数社に渡る加工作業が一般的ですが、当社は印刷から最終の糊貼りまで、一貫して「自社生産」しております。外注することによる「外注費の上乗せ」や「管理の不徹底」などのデメリットが一掃され、コスト的にも品質的にも上質のものを提供できると考えております。
  1. 2. 医療用具(注射器・注射針等)メーカー品質レベルでの対応が可能
    • 安全性を中心とした品質において、最高レベルが要求される医療用具のメーカー様と長年に渡りお取引させていただいております。その間に築き上げた当社が手掛けるパッケージの品質は、レベルが高い物と自負しております。
  1. 3. 25年以上に渡るUV印刷における経験と実績
    • クリアパッケージの印刷は、熱等により伸縮する素材特性があり、見当合わせが非常に難しいのが実状です。また透過・透光性のために素材ごとの色の再現性が非常に難しいという一面も併せ持ちます。当社はUV印刷の技術を導入して25年以上が経過します。その間に培った技術や経験を元にこれらの問題を解消し、鮮やかな色を表現しています。
  1. 4. 設計の技術
    • 全ての箱を専門の設計士が一から設計しております。商品の保護機能はもちろんのこと、商品の訴求力を高める変わった形やコスト削減のための設計など、お客様のご要望に沿った最適な形状をご提案いたします。
  1. 5. きめ細やかなサービス
    • 弊社営業マンがお客様のご要望に沿った最適なカタチをご提案いたします。
      例えば、もっと売れるパッケージにしたい、日々の業務を簡素化させたい、さらなるコスト削減を、、、などなど。こうした地道な営業活動の結果、現在では約1,000社のお客様にご愛顧いただき、その9割9分が直接のお取引となっております。下請け・横持ちの多い業界ですが、直接のお取引でなければ、細やかなサービスのご提供は不可能です。弊社ではこの実績の基、企業規模の大小問わず、真摯にご対応することをお約束いたします。


UV印刷

 弊社では中国地方で初めて、最先端の印刷技術であるUV印刷システムを導入いたしました。
 UV印刷システムは、紫外線反応インキを紫外線の照射により瞬間的に硬化させることで、従来の印刷方式の難点であったインキの乾きの問題を解決しました。裏写り防止用パウダーの噴霧をなくしたことにより、パウダーレスの衛生的なパッケージを作ることができます。また、従来の方式では印刷面に傷がつくため次工程まで最低でも12時間の乾燥が必要でしたが、UV印刷では印刷直後の打抜き作業が可能となり、工程の短納期化を実現しました。食品、トイレリー用品、医療用具、出版など様々な分野でUV印刷の需要は高まってきております。

UV印刷の詳しい情報はこちら


Gフルートダイレクト印刷

 Gフルートは、コートボール単体では強度に不足があるが、Eフルート合紙までは必要ないというニーズに応える最適な素材です。コートボールだけでは強度に不安がある場合には通常コートボール310gに片Eフルートを合紙した素材を使用します。まずコートボール310gに印刷をし、その次にEフルートの専門業者に依頼して合紙を行います。工程数がひとつ増え、材質も複合素材となるため、コートボールの厚いものと比べコストは50%増となります。しかし、現在Eフルート合紙品で対応しているパッケージの2割方はそこまでの強度は必要とされていません。Gフルートの厚さはEフルートの約半分の0.9mm。在庫スペースは半分で済みます。またコートボール550gとの比較で重量は約20%軽くなり、荷扱いが楽になります。コートボールにはない緩衝性、高級感が得られます。弊社では様々な可能性を持つ新しい素材Gフルートをオフセット印刷機でダイレクトに印刷する技術を確立しました。紙パッケージを企画される際、是非Gフルートを選択肢のひとつに加えていただくよう、ご提案させていただきます。

Gフルートの詳しい情報はこちら


アッセンブル

 お客様からお預かりした製品を箱詰め~出荷まで承ります。(医薬部外品・化粧品・医療機器の製造業許可証を保持しております)箱やその他の包装副資材を調達する手間や在庫を削減することができなにより弊社のノウハウにより包括的な梱包費用の削減が可能です。箱を製造するだけでなく、お客様の業務に一歩踏み込んだサービスのご提供が可能です。

(実績例)

1. 入浴剤ギフトのアッセンブリー
一次包装された製品をご支給いただき、6湯種をロット管理の下、個箱にセット→大箱にセット→箱詰め~出荷まで行います。
2. おむつギフトのアッセンブリー
一つひとつを包装紙でくるみ、箱詰め~出荷まで行います。


クリアパッケージ印刷

 最近、化粧品・コスメなどの商品で、プラスチック製の中身が見える透明のパッケージが増えたとお気付の方もいらっしゃるでしょう。「クリアケース」「クリアボックス」「クリアパッケージ」などと呼ばれています。
これらクリアパッケージの最大の特徴は「中身の商品が見える」ことです。中身が見えることによる安心感が購買の後押しとなる効果が期待できます。デザインの面でも中身の商品と一体化したデザイン提案が可能となるなど、様々な可能性を秘めています。
実はこのクリアパッケージの印刷も我が社の得意とする「UV印刷」の技術が使われています。そもそもPPやPETといったプラスチック製のパッケージは紙と違い、インクがなじまない為に、特殊な印刷が必要でした。またその為にかかるコストも無視できない問題でしたが、その問題を当社自慢のUV印刷技術が解決しました。

クリアパッケージ印刷の詳しい情報はこちら


箱の設計

 設計専門の技師がお客様のご要望に沿って、商品に最適な形を考案しご提供いたします。
また、コスト削減にも設計は非常に重要です。